• w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-flickr

私たちは当たり前のようにスーパーへ行き、

当たり前のように食材を買い、

当たり前のように食べる。

 

その食材も元は私たちと同じ様に命があって、

その生き物がどういう経緯を経て、お店に並び、

消費者である私たちがどのように手にするのか・・・。

なかなかその経緯を意識したり、考える機会がない。

 

当たり前過ぎて、普段深く考える事無く通り過ぎてしまうところを

考えるきっかけをつくることを狙いとし、

 

「食肉」をテーマとする展覧会を開催。

 

この展覧会はワークショップと作品展示の2部構成で行われた。

 

1、ワークショップ

来場者に牛、豚、鶏の3種類のペーパークラフトを選んでもらう。

壁に書かれた指示通りに選んだペーパークラフトを切ったり、中に入っているものを取り出したり、作業をしてもらう。

牛、豚、鶏がそれぞれ、生きているところから、捌かれ食肉に加工され、パッケージングされて店頭に並ぶ過程をペーパークラフトを加工しながら体験し、知ってもらう。

 

2、作品展示

デザインを学ぶ学生が各々食肉に関して思っている事、感じた問題などをデザインに落とし込み、展示し鑑賞してもらうことで、さらに疑問を問いかけ、作品と共に考える。